resonance つぶやきログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
桜…
ものすごーく時期はずれなんですが。
桜の季節にぼんやりと妄想した話。
…何でここにアップしたかって言うと…携帯でちくちく書いていたので…で,このご時世に,こつこつタグ打ちでサイトを作っている私…。そうです。レイアウトをするのが大変なので…。

よろしければ「続きを読む」からドウゾ。…意外と長文だったかも(汗)。
続きを読む
スポンサーサイト
[2010/06/27 04:55] | 考察モドキとか妄想とか
クリスマス・ショートストーリー
クリスマスも近づいてきたので、コソッと…。
内容は一応、拙作「クリスマスの魔法」の一年後…ユリママの独り言。書き上がってみたら、全然クリスマスっぽくない上に、続きっぽくすらありません…って言うか、ショートってストーリーすらないよなっ!(汗)…な、シロモノで申し訳ないのですが…。
ま、気は心ということで…。

**** ****

「それじゃあ、行ってきます!」
 クリスマスイブの朝、愛娘は、ママが行ってらっしゃいを言うのも待たずに玄関を飛び出していった。
 見送る空は快晴。透きとおるような蒼に、帰りそこなった月が雪のひとひらのように浮いている。
 娘の気持ちはもう、彼が待つ場所に飛んで行っているのだろう。玄関から飛び出した勢いのまま駆けてゆく後ろ姿を、ユリは目を細めて見送った。 せっかくのクリスマス・イブだけれど、彼が夕方から夜勤の仕事に行くので、今日のデートはランチで終了らしい。
 だから、少しでも長く一緒にいたいから。
 本日の予定は、朝の公園でコーヒーとサンドイッチの朝食をとる所から始まるのだという。
「健全だこと…」
 微笑(わら)いながらひとりごちて、ユリは玄関のドアを閉めた。そしてリビングルームに続く廊下へ振り返った時、その足元の寒さに、ふと切なさが見え隠れしたような気がした。
 (…私は…寂しいのかしらね?)
 何が…だろうか?
 夫を失くして5年、まだまだ小さいと思っていた娘に、恐らく母親よりも大切な人できたことが…?
 (ああ、そうだ…。あの子もうすぐ、私があの人と出会った歳になるんだわ…)
 次の誕生日で娘は16歳になる。この国の法律に則れば結婚をしてもよい歳だ。
 本当に自分の手から飛び立って行っても不思議はない歳になるのかと思うと、確かに感慨深い。
 そして自分は、その歳に今は亡き夫と出会い、翌年に結婚した。夫にとっては遅く、自分にとっては早い結婚だった。当時世間は…と言っても自分と夫の周りの狭い世間だが…決していい顔はしなかったのをよく覚えている。
 もしも今、娘があの背の高い青年と結婚したいと言い出したら、周りは同じような態度を見せるだろう。例え一時的なものであっても。
 (そんな所が似ちゃうものなのかしら?)
 だからこそ…。
 (守ってあげなくちゃね。)
 考えながらユリは、くすり、と笑った。そんな事を考えている自分がなんだかおかしい。 だって、まだそんな話が出ているわけでもないのに、なにを先走っているんたろう?と…。
 でも。
 明日はキリストの降誕祭。
 空は未来まで見通せるような深い、深い蒼。
 そんな今日は、何か嬉しい未来の事が決まる日…。そんな予感がする。
 リビングルームの窓辺で淹れたてのコーヒーを掲げ、ユリはひとり、空と乾杯をした。

 Merry,merry Christmas.
 すべての人に祝福を…。
[2007/12/19 19:11] | 考察モドキとか妄想とか | コメント(0)
10周年記念妄想(案)
ゼノ10周年記念サイト様に小説募集要項が掲載されているのを発見…。書き、た…いなあ!! 時間とれるかなぁ…?
書くならやっぱり、ギアスのエンディングから10年後かなぁ…って思ってるんですが、なんかもー、設定とか全然覚えてない…(汗)。
いちお内容としては、世界が大分落ち着いてきたので、ひとつの区切りイベントとして若とマルーが正式な結婚式をあげることになって、懐かしい皆が集まってくる…みたいなベタなワンシーンを考えてるんです、が…しかし。
エンディングの時点で世界はどーなってたんだっけ?国家とか無いも同然だっけ?…つか、国の名前とか思い出せない…。土地建物とかどうなってたっけ?人はどのくらい生き残ってるんだっけ?
第一、集まるために連絡を取り合うにしても、通信手段ってどういう設定になってたのかすら思い出せない…(汗)
通信手段というと、サーガの方のエンディング後を妄想する時もかなりネックになってますね~。
もう曙光組とエルザ組は完全に分断して考えるしかないかな~…。
[2007/12/17 08:22] | 考察モドキとか妄想とか | コメント(0)
ゼノサーガにおける恋愛経験値
って、偉そうなタイトルだな(笑)。いや、そんなに深い分析とかではないですが、このブログ、1ヶ月以上更新がないと、スポンサーのPR記事が自動書込みされるようなので、保守を兼ねて、先日ふっと思いついたことを…。
(ジギーさん過去妄想は語りたい事が溜まり過ぎで脳内迷走中(汗)…もうちょっと待ってね…)

いえね、ゼノサーガの登場人物の中で、いわゆる「普通の恋愛経験」が一番豊富なのって、実はアレン君なんじゃないかなー?と。
普通のってどういう定義よ?っていうのがありますが(笑)、単発のフィジカルトークじゃないとか、死ぬの生きるのみたいな修羅場はないとか、そんな感じ?(聞くな)
なにしろ、アレン君は普通の人代表(笑)な登場人物だし、本編ではヘタレな扱いが目立っちゃったけど、二枚目だし、面倒見もいい感じだから結構モテると思うし。ヴェクターに入ってからシオン一直線だからそういう話はなかったけど、学生時代はそれなりに色々あったんじゃないかな、と。
…って、あれ? 前にもこんなトークしましたっけ?

男衆の飲み席でトニーが武勇伝をぶち上げてる時に、ちび様あたりが、「でも、女とまともに付き合った経験って言ったら、トニーよりアレンの方が多いんじゃないか」とか言い出して。
トニーが反論すると船長あたりが、「確かにトニーは数をこなすだけで、まっとうな恋愛っていうのは少なそうだ」斬り(古っ!)したり。
皆から「で、今まで何人付き合った?」と詰め寄られたアレン君は、
「ええ~っ!?そ、そんな多くなんてないですよぉ」と半泣きしつつ、「ええと…」と思い出しながら指折り数えていくと、7本目を折ろうとした辺りで、ハマーが「じゅうぶん多いっスよお!」とツッコんだり。
…などと、どーでもいー場面を妄想してしまいました。
[2007/12/05 09:30] | 考察モドキとか妄想とか | コメント(0)
そういえば百式ちゃん達は…?
この前、サクラちゃんはソメイヨシノなのかな~?と呟いたネタで一本書きたくなり、色々妄想を巡らしていて、はた!と思ったんですが、「星団中に散らばった」百式ちゃん達は最後はどうなってしまったんでしょうか…?
デュランダルに乗っていた子達は全滅…だよね…。
さらに、細かいストーリーとか思い出せない(って言うかもともと展開についていけてない)部分も多いんですが、あれよあれよ言う間に戦艦の類はみんな轟沈しちゃってたような気がするんで、ほとんど全滅状態なんでしょうか…?
辛うじて生き残った子がいたとしても、ネットワークに接続できなくなっちゃっうと、何にも活動とかできなくなっちゃうんじゃ…?
せっかく、幼いうちに散ってしまったサクラちゃんの命を繋いでたくさんになった百式ちゃん達なのに…。(完全にソメイヨシノだと思ってますな。)
なんてことを考え始めちゃって、どんどん救いのない妄想になっていって、猛烈に悲しくなってきちゃいました…。
うわ~ん、百式ちゃ~ん(涙)。
キルシュ達も結局アルベドに逃げられて(?)しまったし、モモちゃんの姉妹達はなんというか、徒花っぽさが哀しいなあ…くすん。
っていうか、いいトシして自分の妄想でブルーになるってどうだろ…(汗)
ま、とりあえずこのネタは封印ということで…。
[2007/05/11 19:44] | 考察モドキとか妄想とか
次のページ
このブログについて

小紫(こむらさき)

Author:小紫(こむらさき)
PS2用ゲームソフト「ゼノサーガ」について呟くのが主目的でしたが,現在は生存報告のため、どーでもいいことを時々つぶやいています。ご連絡はこちらからお願いします。

本体サイト

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

07年10月~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。